リピ決定!【やみつきオクラ】|オクラ中華風生姜和え

夏が旬のオクラ。
茹でておかか醤油にしたり、サラダに入れたり、肉巻きにしたり。
どんな調理法でもおいしいのですが、中華風のおひたしにすると、いつもと違った美味しさにハマりますよ。

使うのは、オイスターソースや醤油。
少しだけ、甘味。
そして、香りのごま油を加えています。

味のアクセントに、生姜もおすすめ。
千切りで加えていますが、すりおろしたものでも構いません。
夏のうちにぜひ作ってみてください。

やみつきオクラ(オクラの生姜和え)
目次

材料・分量

分量:作りやすい分量(3〜4人分)
調理時間の目安:6分

・オクラ 2袋
・塩 少々
【A】オイスターソース 大さじ1/2
【A】新味料(みりん風調味料) 大さじ1/2
【A】ごま油 大さじ1/2
【A】醤油 大さじ1/2
・生姜(千切り) 少々

使用している調理器具など

国産材の手作り、ひのきのまな板 SAKuRAKu

茹でるのに使用しているステンレスの鍋。
2011年からほぼ毎日使い続けていますが、まだまだピカピカで使い勝手最高です

詳しい作り方

1. 切る

オクラはガクの部分を包丁で削ぎ、ヘタを切る。
茹でる時に破裂しないよう側面に軽く切り込みを入れる。
塩を振って板ずりする。

2. 茹でる

沸騰させた湯で、①を1分弱茹でる。
氷水にとって冷ます。

3. 和える

ポリ袋にオクラと生姜を入れ、【A】と揉んだら完成。

コツ&ポイント

新鮮なオクラはガクが付いています。
産毛があるので板ずりするときに、買ってきた時のネットを利用すると良いでしょう。

甘味をプラスするために、日の出新味料を使っています。
みりん風調味料なら非加熱でもOKですし、なくても構いません。

砂糖で代用する場合は1〜2つまみほど。
【A】をすべて混ぜて砂糖を溶かしてから和えるのがおすすめです。

生姜は薄くスライスしたものを7枚ほど使っています。
千切りが苦手な方は、すりおろしたものでも◎

オイスターソースはメーカーによって味わいや塩分量が全く違います
醤油の分量はお好みで減らすなど調整してください。

和えてすぐでも召し上がれます。
時間が経つと味がしっかり染みますし、とろみもつきます。
(2日くらいで食べきってください)
 

動画レシピ

インスタグラムにもリール動画で紹介しています こちら

生姜の他なら、ミョウガや大葉など。
香りのあるものに変えて作っても、合いますよ。

やみつきオクラ(オクラの生姜和え)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次