柔らかい!豚肉の紅茶煮の簡単レシピ&作り方|フライパン使用

「紅茶豚」と呼ばれる、豚かたまり肉の紅茶煮。
煮込んでいる時間はかかりますが、作業の工程は、思いの外簡単で、たったの2ステップで作れるんです。

  • 紅茶で煮込む
  • たれに漬ける

簡単なうえ、時間がおいしくしてくれるので、作り置きにもピッタリ!
冷蔵保存なら2〜3日&冷凍保存も可能なので、きれいな豚肩ロースかたまり肉を見つけたら、作ってみてください。

紅茶豚レシピ
目次

紅茶豚の材料【4人分(作りやすい分量)】

豚肩ロースかたまり肉 800g
紅茶パック 4つほど
水 約1.5L
【A】醤油 大さじ5
【A】砂糖 大さじ3
【A】にんにく、胡椒 少々

食材について

豚肩ロースかたまり肉は、半分に切りました。
24cm深型フライパンで、豚肉が浸るくらいの水を加えてください。
※ フライパンの大きさや豚肉の大きさによって、容量が変わってくるので、水と紅茶パックの分量は微調整してください。

詳しい作り方

STEP
豚肩ロースかたまり肉を紅茶で煮る

フライパンに水を入れて沸騰させ、紅茶を2分以上煮出して取り出す。
豚肩ロースかたまり肉を入れて弱火に落とし、約1時間加熱する。

紅茶豚の紅茶を煮出す工程
豚肩ロース肉を紅茶で煮る工程
STEP
調味料に漬ける

【A】をレンジ600W1分加熱し、混ぜて砂糖を溶かす。
保存袋に①の豚肉を入れ、調味液に浸し半日置く。

紅茶豚の漬けだれ
紅茶豚を保存袋で漬け込む

レシピ動画

Instagramリール
YouTubeショート

コツ&ポイント

紅茶について
アールグレイなど、お好みの茶葉をお使いください。
沸騰した湯で2分以上 煮出すのは、紅茶の成分をしっかり抽出させるためです。

豚肉の種類
「肩ロース」かたまり肉が、程よく脂が入っていておすすめです。
ロースで作ると、少しかたく仕上がると思います。
豚バラで作ると、脂の割合が多くなります。(脂の部分には味が染みこみにくいです)

タコ糸の縛り方
タコ糸で縛ると、形がきれいに仕上がります。
縛り方は、YouTubeショートInstagramリールでも紹介しているので参考にしてください。

火加減
紅茶を煮出す時は強火。
豚肉を煮込む時は弱火←じっくり煮込むことで柔らかく仕上がります。

途中で上下を返すと良いでしょう。
上の部分が紅茶から出る場合は、ペーパーを落とし蓋がわりにしてください。

紅茶豚を入れたお弁当例

翌日のお弁当に入れる時は、こんな感じです。
味もしっかり染みているので、冷めて食べてもおいしいですよ。

紅茶豚レシピ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次