時間が少ない時におすすめ。
肉を漬け込んだり寝かしておく必要は全くなく、調味料と鶏もも肉を電子レンジで加熱するだけ。
あっという間に作れちゃいます。

今回のブログ記事の目次はこちら


20150801_03

電子レンジで作る あっという間の鶏チャーシュー

 
材料:2人分 調理時間:500W 12分加熱

・鶏もも肉 --- 2枚
◆しょう油 --- 100ml
◆水、みりん --- 各50ml
・玉ねぎ、人参、スプラウト --- 適量
・ブラックペッパー --- 少々
 + + + + +
① 鶏もも肉はフォークで穴をあけて、薄くそぎ切りにします。
② 耐熱の深皿に(1)と◆を入れて、クッキングシートで落し蓋をし、ラップを軽くかけます。
③ 電子レンジ500W6分加熱し、一度取り出して上下を返したら、同じように 6分加熱します。
④ 玉ねぎは薄切りに、人参は千切りにし、スプラウトは洗って水気を切り、上にのせて食卓へ出します。

*お好みで、ブラックペッパーを振ってください。
**中まで火が通っていない場合は、様子を見て、加熱時間を増やしてください。

20150801_02
前もって、もも肉を そぎ切りにしていても構いません。


電子レンジ調理のコツ

電子レンジも活用すると、ご飯の用意をする時間 助かりますよね。
メインのお料理が電子レンジ。
コンロでお味噌汁をあたためて、ちょっとした炒め物を作ると、あっという間に、2,3品が用意できます。

こういう お肉の加熱料理をする時は、落し蓋がポイントです。
20150801_00
クッキングシートは、真ん中に×に切り込みを入れておいて、器からはみ出ないようにカットしておきます。
ふんわりラップをかけるのですが、落し蓋をすることで、味が食材にしみ込みやすいのと、火が通りやすくなります。

ボウルでも良いのですが、そのまま、食卓に出して使う事も出来るので、20cmのスクエア耐熱皿を使用しています。
オーブン加熱も可能なので、ちぎりパンやグラタンにも使ったりします。


18ad2a01675a深皿が無い場合は、平らなお皿でも大丈夫です。
ラップで包む場合は、ラップの耐熱温度だけではなく、加熱時間や肉から出てくる油に気を付けないといけません。
その点、クッキングシートなら、ラップよりも耐熱温度がしっかりしているんですよ~
 


盛り付けのポイント

今回はこちらの、スプラウトを使用しています。
クレス。
葉っぱの形が可愛い~~
少しピリッとしているので、味のアクセントにもなります。
20150801_04
そのままチャーシューだけ出しても良いのですが、付け合わせの野菜を 一緒にのせると、少し色合いがよくなると思います。

チャーシューの漬け汁がついても美味しく食べれるお野菜が、おすすめです。
他には、キャベツのせん切りや、紫玉ねぎ、ラディッシュなども良いですね。

- - - - - - - - - -
よかったら 「読んだよ~」のかわりに クリックお願いします ↓
1-blogmura1-recipe1-line