絶品『煮鶏(鶏チャーシュー)』フライパン10分で完成!

煮鶏/鶏チャーシュー/鶏照り煮/照り焼きチキン
さまざまな呼び方がありますが、醤油+みりんを使った甘辛味で大人気のおかずです。

鶏もも肉が、びっくりするくらい おいしくなる下ごしらえの方法をご存知でしょうか。
料理動画にもしてみたので、チェックしてください。

シンプルな調味料で作れます。
フライパンを使っても、鍋を使ってもOK。
さっと煮込むだけの簡単レシピで、ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにも、翌日のお弁当おかずにもぴったりです。

煮鶏(鶏チャーシュー)の簡単レシピ
目次

材料・分量(4人分)

・鶏もも肉 2枚
・塩 少々
・米粉 大さじ1/2
【A】醤 油  大さじ3
【A】本みりん 大さじ3
【A】砂 糖  大さじ1
【A】酢    大さじ1
【A】にんにく 適宜

カロリー・食塩相当量

エネルギー:348kcal
食塩相当量:2g /1人分

※たれも全て含む分量で計算しています(実際にはたれが残るのでこれよりも低くなります))

詳しい作り方

1. 鶏もも肉の下ごしらえ

鶏もも肉は黄色っぽい脂を取りのぞく。
ふくらはぎ側の繊維は少しかたいため、ハサミで繊維を断つように切り込みを入れると◎

塩をふり10分置いて、ペーパーで水けを拭く。
身の側に米粉を振る。

2. 加熱

フライパンを中火で熱し、皮を下に置き焼き色がつくまでそのまま放置。
皮に良い焼き色がついたら、出てきた水分と脂をペーパーで拭きとる。

3. 仕上げ

【A】を加え、時々返しながら、たれにとろみがつくまで加熱する。

料理動画

27秒 音なしの料理動画です。
調理の各工程をチェックするのに、どうぞ。

絶品鶏チャーシュー(煮鶏)

コツ&ポイント

火加減:終始 中火
炎の先が、フライパンの底につくかつかないかくらい。
鶏肉の火の通り加減が心配な場合は、途中でふたをしても構いません。

調味料の分量
たれもたっぷり残るように、調味料多めにしています。
サラダや千切りキャベツなどと一緒にお召し上がりください。

米粉
薄力粉や片栗粉で代用OK。
加熱前に粉を振ることで、繊維の間に入り、加熱時の縮みをやわらげてやわらかい仕上がりに。
また、たれにもしっかりとしたとろみがつく為オススメです。

煮鶏(鶏チャーシュー)の簡単レシピ


煮鶏(鶏チャーシュー)の簡単レシピ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次