年末年始に作っていた、お漬物たち。
20180110_b04
大根を寒風にあてて、ほどよく水分を抜いてから作るので、歯ごたえがカリッカリ。

まな板の大きさからもわかるように、少し小ぶりの大根で作っています。
1
そろそろ、干す用の網が欲しいなぁ~と思いつつ。
洗濯物のピンチハンガーの上に、ザル置いて・・・ 家にあるもので代用。
2
ぺろ~ん。
これくらいまで水分を抜きました。
小ぶりの大根を、さらに4等分にしているので、寒風にあてて2日ほどです。
大きいものをまるごと1本干す場合だと、もっと時間かかるかもしれません。
3
この大きさのまま漬けてもいいんですけど・・・
ひと口大にカットして、熱湯をかけて軽く消毒してから漬け汁に漬けます。
4
これも家にあるものをうまく利用したらOK。
5
色付けするために、くちなしの実を使いました。
この季節だったら、お節料理に使ったものがあまっているかな?
味には影響しないので、なくても大丈夫ですよ。
6
レシピサイトNadia内のTORE-TATE記事で、レシピを3つほど紹介しています。
中くらいの大根を1本分干して、3種類作れるくらいの分量で↓

  • 糠を使わずに作るたくあんの作り方
  • 干し大根のポン酢柚子胡椒漬け
  • 干し大根の即席めんつゆ漬け

「糠を使わずに作るって、それ たくあん 違うやん!?」って、今思いました!?
たくあん自体が、糠とか柑橘類の皮を使って作りますもんね…

執筆の依頼を受けた時に、
「糠って一般的に、家にない場合もあるから、糠を使わずに たくあんみたいなカリッポリッなお漬物を簡単に作るレシピを3つくらいの紹介で〜」的なメールが来て

「ほいじゃ、歯ごたえ感を出しつつ、家にある調味料で食べきれる分量のを書いておきますね〜」みたいな。

実際にはもっと業務的で、最小限の文字数なんですけど脳内変換。

浸けたり、干したり
たまには、こういうのも良いですよ。手作りって、優しい味わいに出来ますからね。


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 
1クリック応援ありがとうございます!

更新情報を受け取る?→LINE / Twitter