れんこんをマヨネーズで炒めただけのレシピなんですが・・・
おいしすぎて、かなりおすすめ。
「炒めただけ」と言っても、れんこんに火が通り切ってなかったとか、ただマヨネーズにまみれただけ〜にならないように、細かいポイント付きで紹介します。
20190922_a01
 


れんこんの焦がしマヨ炒め

  1. れんこんを1cmの厚さに切る(皮はお好みでむいても残してもOK)
  2. 米粉をまぶす(よりカリッとした食感にするため)
  3. フライパンにマヨネーズを入れ、れんこんをじっくり加熱する
  4. 火加減をあげ、マヨネーズが香ばしくなるよう仕上げる
  5. 皿に盛り付ける(七味・マヨ・ネギはお好みで)


 切って米粉をまぶす

れんこんの皮は、お好みでむいてください。
薄くカットすると、早く火が通りますが、れんこんの食感を楽しめるように1cmくらいの厚さに切ると良いでしょう。
201909122_a04
れんこん1節250gほどに対して、米粉大さじ1/2ほどをまぶします。
ポリ袋に空気を含ますように入れて振ると、満遍なくつきます。
保水率が多い薄力粉よりは、米粉や片栗粉がおすすめですが入れすぎると粉っぽくなるので要注意。
米粉が少し表面にあるだけで、カリッと感がUPします(なくても作れます)。
20190922_a05
 

 フライパンで炒める

フライパンにマヨネーズを入れて弱火にかけ、れんこんを並べます。
マヨネーズの分量は、両面に それぞれ写真の分量くらい。
20190922_a06
弱火で片面5分ずつ、じっくり加熱します。
最後に火加減を中火にあげて、マヨネーズをこんがり仕上げてください。
20190922_a08
最初から火加減が強いと、中まで火が通らず周りだけ焦げますし、最初に焼き色をつけてから、フタをして蒸し焼きにすると、カリッと感が減少するので…
弱火でしっかり火を通してから、こんがり焼き色をつける事で、劇的に美味しくなります。

ただ、マヨネーズで炒めただけなのに、このおいしさ!!
七味やネギ、醤油などをお好みでかけても良いですよ。 20190922_a02

れんこんの焦がしマヨ炒め

材料:2人分
調理時間:12分

  • れんこん 1節(中)250g
  • 米粉 大さじ1/2
  • マヨネーズ 適量(大さじ1.5ほど)
  • 七味・ネギ・醤油 適宜(お好みで)

作り方

  1. れんこんは1cm幅に切り、米粉をふる。
  2. フライパンにマヨネーズ・①を入れて弱火でじっくり加熱する。
  3. 片面5分ずつ加熱したら、火加減を中火にあげ、こんがり焼き色をつける。
  4. 器に盛り付け、七味・ネギ・醤油をお好みでかける。

Point

  1. れんこんの皮はお好みでむいてください。水にさらす必要はありません。
  2. 米粉は片栗粉で代用可能。ポリ袋に入れて空気を含ますように振ると、早く満遍なくつきます。
  3. フタは不必要。弱火でじっくり中まで火を通してから、焼き色をつけると良いでしょう。


れんこんを薄切りにする場合は、加熱時間も その分減らしてくださいね。
れんこんだけで作っていますが、エビやホタテなどの食材を一緒に炒めても美味しいと思います。

しばらく、焦がしマヨ炒め にハマりそうです。
簡単なのに、絶品