夏野菜で作ると美味しい オイルピクルス のレシピを紹介します。
これからの季節って作り置きには心配な季節なのですが、酢を使っていて火も通しているので、ぴったり!

以前、2018年7月8日に紹介したレシピなのですが、季節柄おすすめなのでリライトしました。
20180708_x05

酸化に強く ビタミンEをたっぷり含む米油で作りました。
クセが少ないので
20180708_w01
加えるスパイスの香りも、夏野菜の味も引き立ちます。
20180708_w02
にんにく・ローリエ・ミックスペパー・クミンの香りを出してから、ズッキーニ・ゴーヤ・なすを炒めます。
20180708_w03
最後にピクルス液を加えて、さっと火を通したら完成。
あまりグツグツしすぎると、酢分が飛んでしまうので気を付けてくださいね。
20180708_w04
前もって火を通しておいたとうもろこしや、ヘタの部分に切り込みを入れて味がしみるようにしたミニトマトも一緒に漬けます。
20180708_x01
ではレシピです。

夏野菜のオイルピクルス

作りやすい分量  調理時間:10分
冷蔵保存:3日間

  • ゴーヤー 1/4本
  • ズッキーニ 1/2本
  • 小なす 1本
  • とうもろこし(蒸し)・ミニトマト 各少々
  • 米油 40ml
  • 【A】ミックスペパー 10粒
  • 【A】ローリエ 1枚
  • 【A】にんにく 1片
  • 【A】クミン(ホール) 少々
  • 【A】鷹の爪 少々
  • 【B】酢 80ml
  • 【B】塩 小さじ1
  • 【B】砂糖 小さじ1.5

詳しい作り方

  1. ゴーヤー・ズッキーニ・小なすは食べ易い大きさに切る。
  2. フライパンに米油・【A】を入れて弱火にかけ、香りが立つまでじっくり炒める。
    Collage_Fotora01
  3. ①を加えて炒め全体に油が回ったら、【B】・水80mlを加えて中火にする。フツフツとしてきたら火を止め、保存瓶に注ぎ、とうもろこし・ミニトマトを加える。
    Collage_Fotora02

補足(コツ&ポイント)

味がしみやすくなるように
・ズッキーニ・なす→ピーラーで皮を縞目に剥く。
ミニトマト→ヘタの部分に包丁で十字の切り込みを入れる。

野菜はさっと炒めて火が通ればOKです。

20180708_x03

7月から、  ボーソー米油部 のメンバーに就任いたしました。
米油との出会いは、米粉パン教室のアシスタントに入った時から。
 
それ以来、キッチンに常備しているものの、米油が米のどの部分から どうやって出来ているのか。どうして体に良いと言われているのか等、まだまだ勉強不足。
きっちり勉強して、米油でもっと美味しい料理が作れるようになりたくて、応募しました。
インプットしながらアウトプットしていきます。
1年間どうぞ宜しくお願い致します。
(自己紹介&活動履歴に関しては、こちらからどうぞ)
自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ
自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ
 

w66

ライブドアブログの更新通知機能(スマホLINE)
Collage_Fotor

サムネイル写真付きで一覧表示されるので、好きな時間に読みたい記事を選べます。
ブログごとに通知OFF/ON切り替え可能
スマホホーム画面に追加→右下「B」のアイコン
よかったら、ぜひ登録してやってください。