おつまみのような、おやつのような・・・
ご飯のおかずにはならないんですけれども
食べだしたら止まらない野菜チップスレシピの紹介です。
米油で作るおいしい野菜チップス、アンチョビマヨネーズレシピ
この記事の目次

  1. 材料・分量
  2. くわしい作り方
  3. 関連レシピ

使う野菜は、オーソドックスにじゃがいもでも構いませんが、今の季節は 新物のれんこんや さつまいもが出ているので、今回はこの2種類を揚げました。

酸化しにくい米油を使っているので、時間がたってもおいしさが長続きします!

揚げたあと塩を振っているので味はついているのですか、アンチョビ+マヨネーズを混ぜたソースがあると、絶品!
れんこんチップスは、塩気のあるアンチョビマヨをつけて食べ、甘みのあるさつまいもチップスはそのままで。順番に食べると飽きません!


レンコンさつまいもチップス アンチョビマヨ添え

材料・分量
2〜4人分 15分

れんこん1/2節(100g)

さつまいも1/2本(100g)

米油約200ml

少々

【A】マヨネーズ大さじ1

【A】アンチョビ1/2切れ

代用食材
・アンチョビ→ツナでも構いません。


くわしい作り方

  1. れんこん・さつまいもを洗い、薄くスライスし水にさらします。
    スライサーを使い、皮付きのままスライスしました。
    5分ほど水にさらすことで、でんぷんが減り カリッと仕上がります。
    Collage_Fotor01

  2. フライパンに米油を入れ180℃に熱し、①の水けを拭き取ります。
    米油が少なすぎると揚げむらができるので、1cmほどの高さまで入れると良いでしょう。
    水けが残っていると米油がはねるので、キッチンペーパーで拭き取ると安心です。
    Collage_Fotor02

  3. 途中で上下を返しながら1〜2分揚げます。
    加熱するとひとまわり小さくなるので、直径が大きいものを使うのがおすすめです。
    薄い場合はすぐに火が通るので、色づき始めたら早めに上げてください。
    Collage_Fotor03

  4. 揚げた③に塩を振ります。アンチョビを刻んでマヨネーズに合わせます。
    塩はお好みで。アンチョビマヨに塩分が含まれているので、少なめで構いません。
    お好みでパセリのみじん切りを加えると彩りが綺麗になります。
    Collage_Fotor04

関連レシピ

国産米ぬかから作られた ボーソー米油を愛用しています。
米油はビタミンE(←細胞の健康維持を助ける)を多く含むことで有名ですが、特に 米油特有のトコトリエノールはスーパービタミンEと呼ばれ、ビタミンEの約50倍の抗酸化作用を持ちます。

悪玉コレステロールの吸収を抑える効果がある植物ステロールが、他の食用油より多かったり。他にも素晴らしい栄養効果があるので、いつもの油を米油に変えるの おすすめです。
夏野菜たっぷり!米油レシピ
夏野菜たっぷり!米油レシピ

米油で作るレンコンチップスさつまいもチップスのレシピ

レンコンチップスにアンチョビマヨを合わせるレシピ、以前ブログにUPしていたと思ったのですが、ありませんでした

とあるバルの再現メニューなんです。
そこのメニューの、しらす+とびっこのアヒージョの方はレシピをUPしておりました。

こんなご時世なので、気軽に遊びに行けなくなりましたが… 
おうちで おいしいもの食べて、リフレッシュしましょう!

このレシピのカテゴリー
副菜おかず
関連キーワード
レンコンさつまいもアンチョビマヨネーズおつまみ

t00340034_0034003412818446573

おいしそう!と思ったら、各SNSでシェアして頂けると嬉しいです。


読者登録も大歓迎です。


@pokapokakoharu