電気圧力鍋を使った、おでんレシピの紹介です。
電気圧力鍋を使ったおでんレシピ
電気圧力鍋なので、食材を鍋に入れたら、スイッチ1つで完成!を目指しまして。
いつもと違うところは

  • 大根下茹でなし
  • じゃがいも まるごと
の2点です。

私が使用しているのは、楽ポンnooge4.0L。

オートメニューで「おでん」キーがあり、自動的に5分加圧ですが、結論を先に言うと、もう少し じゃがいもをやわらかくしたい仕上がりです。


まずは下ごしらえから。
  • だし→濃いめに作っておく
  • こんにゃく→切り込みを入れ熱湯で5分下茹で
  • じゃがいも→皮付きのまま。きれいに洗う。
  • 大根→皮を剥いて2cmの厚さにする。
  • 厚揚げ、色串天、うずら卵入りの練製品→熱湯をかける
IMG_8394IMG_8396

にんじんはおまけ(弁当用)
あれもこれも、なんとかして煮汁に浸かるように入れたい🤣
IMG_8397IMG_8398


最後にだし&調味料を加えました。
(具材の多さによって分量が変わってくるので、要注意です)
IMG_8399IMG_8400



濃いめのだし500mlに対して
酒 大さじ2
薄口醤油と砂糖 大さじ1ずつ
塩 小さじ1 

注いでみて、半分までしか浸からなかったので、もう1回分、同じ配合で入れました。
つまり、濃いめのだし1リットル、酒大さじ4、薄口醤油と砂糖 大さじ2ずつ、塩小さじ2使用で、内釜のMAXの線、ギリギリになりました。
IMG_8401IMG_8402
※ねり製品は火を通した時に膨らむので、ねり製品が多い場合は、他の具材を減らしたり だし&調味料の分量を減らした方が良いです。
落としふた(付属の蒸しす)をしてフタをセットし、オートメニュー「おでん」で加熱しました。
IMG_8403IMG_8408

大根は良い感じに火が通っていたのですが<Br じゃがいもを煮崩れる寸前まで火を通したいので
  • 大根はなるべく厚くカット
  • 7分加圧
  • じゃがいも・大根・こんにゃくを先に調理
  • ねり製品と厚揚げは追加熱であとから追加
みたいな感じで作ってみて、レポしますね。

※大根はとぎ汁で下茹でした方が甘味が増しますが、冬の甘い大根なら、下茹でなしでも気にならない仕上がりでした。お好みで作り分けてください。


IMG_8404
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
ワンダーシェフアンバサダーとして活動中。
(月2レシピを目指してUPしています)
その活動の一環で、電気圧力鍋を提供していただいています。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


t00340034_0034003412818446573

作れぽ・何かで名前を呼びたい時・見て欲しい時はぜひ遠慮なくタグ付けしてください。大歓迎です♡

ぽかぽかびよりをフォローする hspace=
ぽかぽかびよりインスタグラム